急遽、宮古島へ!


コラーゲンマシン導入から1ヶ月が経過し、ものすごい反響です!と

喜びのご報告を頂いていた宮古島のサロン様から、突然電話をいただきました。

「コラーゲンマシンに入っている時にファンを止めようと思って、ボタンを押したら

そのままマシン自体が止まっちゃったんですけど・・・こういうことあるんですか?」

あまり聞いたことのない状況だったため、詳しく状況をヒアリングしました。

コラーゲンマシンの動作確認の為、何通りか再起動のようなものを

試していただきましたが、電源が入りません。

故障が少ないマシンとしても有名な、Hapro社製 コラーゲンマシン「Seecret」。

そのコラーゲンマシンを扱っている私達でも理解できない謎の状況。

先日、お客様の反響がすごいです!と喜びの声を頂いたばかりなのに

「コラーゲンマシンが動かない」ではサロン様にご迷惑をかけてしまう・・・

ということで急遽、宮古島へ行ってまいりました。



故障の場合に交換が必要になると考えられる部品もすべて持参し、マシンを解体。

サロンの電気工事を施工された地元の電気屋さんも立ち合いのもと

ひとつひとつ配線などを確認していきました。

・・・が、電源が入りません。

輸入元ともリアルタイムで連絡を取りながら、どの地点まで電気が通っているのか等

確認したところ、どうやらコンセント付近に原因があるようでした。

最終的には、「電気工事の際に部品のサイズを間違えて設置していた」ことが判明。

コラーゲンマシン設置の際は、たまたま運よくかみ合っていたものが

日常のお掃除などの衝撃で少しずつ部品がずれていき、あるタイミングで

電気が通らなくなっていたのでした。

現場で立ち会っていた地元の電気屋さんは

「あー、これ自分が間違えたね~。」と笑顔。

サロンのオーナー様も「もう、ちゃんとやってよ~。」と笑顔。

「今日は休みだからもう帰ろうね~。明日やろうね~。」と電気屋さん。

「よろしくね~。」と手土産を渡し、笑顔で見送るオーナー様。

さすが、宮古島です(笑)

オーナー様は、「コラーゲンマシンが壊れたんじゃなくて良かったー!」と

笑顔で宮古島空港まで送ってくれました。




弊社が取り扱っているコラーゲンマシン「Seecret」は

オランダの歴史ある企業「Hapro社」の製品です。

サンベッドをはじめ、光線機器の製造では世界でも有数の企業で

これまでもほとんど故障のない、効果と耐久性に優れた製品を作り続けています。

近年、類似品や非正規ルートでの販売業者が増えており

相談件数が増加しているのも事実です。

「コラーゲンマシン」というニックネームが有名になりすぎて

他機種のコラーゲンマシンと同じように認識されている方も多いのですが

Hapro社のコラーゲンマシン「Seecret」は世界22か国にディーラーを持つ

唯一のアンチエイジングシリーズ(コラーゲンマシン専用ブランド)です。



「お客様に本当にいいものを提供したい」とお考えのオーナー様からは

「Seecretと、他のコラーゲンマシンは何が違うんですか?」というお問い合わせを

最近よくいただきます。

ひとつひとつ丁寧にご説明致しますので、コラーゲンマシンに関するご質問は

お気軽にお問い合わせ下さい。